じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@JUGEM

とりあえずJUGEMに引っ越してみました。
中年内科医の特記事項のない日常を書いています。
05 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 「割りばし事故」の民事での東京地裁の判決 | main | 『バレンタインデー・ゼロ』の恐怖! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.01.03 Sunday | - | - | -
『DEATH NOTE』特別編とキラと「資本論」
 朝から夕方までずっと検査と治療。最近すっかり長時間の立ち仕事が辛くなってきた。その後も家族説明やら紹介状書きやらで、病院を出たのは21時過ぎ。明日は憂鬱な当直なので、今日は早めに帰ってのんびりしたかったのだけれども。
 家に帰って風呂に入り、『スキヤキウエスタン・ジャンゴ』のDVDを半分まで観た。僕が「時間がなくてDVDが観られない」と嘆いているのを聞いた友人が、「家で映画のDVDの映画を観るとき、一日に2時間を確保して全部観ようと思うから手が出なくなるんだよ。最初から、『今日は1時間だけ』と決めて、半分ずつ観ればそんなに負担にならずに手が出せる」と教えてくれたので、極力そういう方針で。
 『ジャンゴ』は、半分まで観た印象としては、「こういうことをやってみたかった!」という気持ちはものすごく伝わってくるのだけれども、実際にやってしまったのを観ると「思ったほどワクワクしないなあ」という感じの映画。木村佳乃はものすごくがんばっているのだが、がんばっているのが伝わってくるだけに、なんだか痛々しくも見える。
 寝る前に、『週刊少年ジャンプ』に載っていた『DEATH NOTE』の読みきり特別編を。久々に『ジャンプ』買ったなあ。原作のような壮絶な知恵比べを期待しながら読んでいると、さあこれから、というところでプツリと終わってしまった。40ページあまりというのは、こんなに短いものだったのか。しかし、考えてみれば、デスノートというのは、使っている本人にとってはほとんど何のメリットももたらさない道具なので、夜神月のような、確固たる「正義感」で世直しをしようという人間以外には、あまり役に立たないに違いない。あれを使って何かを脅迫しようとしても、「それで利益を得る人間」が疑われるのは目に見えているし。
 先日、y嫁と「キラは悪なのか?」という話になったのだが、「どんな崇高な理想があったとしても、絶大な力は人を歪ませるから悪だ」というy嫁と、「しかし、堕落する可能性があるからといって、理想を全否定するのはおかしいのではないか」と主張する僕と。間違っていたのはマルクスの「資本論」そのものなのか、それを実現しようとした人間たちなのか?
 明日が当直だと思うと、かえって眠れなくなり、26時にようやく就寝。

JUGEMテーマ:日記・一般


2008.02.13 Wednesday 23:50 | - | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
2016.01.03 Sunday 23:50 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://touchoku.jugem.jp/trackback/1855
トラックバック
デスノート特別編の感想を遅れちゃったけど書きます
JUGEMテーマ:漫画/アニメ まあ単純に書くの忘れてたわけですがw 煽っといて感想書かないのかよと思われるのも嫌なので、 今週のジャンプに掲載されていた、 デスノートの特別編の感想を書こかなぁと。 ※以下、一部ネタバレあり
ハコノナカミワ | 2008.02.14 Thu 20:36
Profile
Archives
Links
RECOMMEND
Comment
  • 5分咲きのコスモス園の風景
    亜他 (03/25)
  • 今夜のフランスのやる気のなさは凄かった。
    Forest (06/24)
  • 「残される側」の3月31日
    (04/08)
  • 「残される側」の3月31日
    (04/02)
  • 「医師免許も博士号もあるが…」と「オーディン 強すぎる」
    Noko (01/21)
  • こういうときに「今日は行けません!」と言えない自分がイヤになる。
    まる (12/20)
  • 5分咲きのコスモス園の風景
    七氏 (10/15)
  • 『阿修羅展』の待ち時間に驚愕!
    YSKN (09/21)
  • 一生懸命やっているからこそ、すれ違ったり、相手の言葉が癇に障ることがあるのだ。
    無 (09/16)
  • どこまでが「事務所の責任」?
    ニュースウォッチャー (08/30)
Trackback



ブログパーツUL5