じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@JUGEM

とりあえずJUGEMに引っ越してみました。
中年内科医の特記事項のない日常を書いています。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 『第31回日本アカデミー賞』を観て | main | 「中年男性限定ネタ」 vs 「おっさんの宴会芸」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.01.03 Sunday | - | - | -
『スキヤキウエスタン・ジャンゴ』を鑑賞
 今日は朝から夕方まで病院で日直。夕方からは自分の科のオンコールというひたすら憂鬱な週末。まあ、朝からオンコール、夕方から当直というパターンよりは、若干マシではあるのだけれども。
 朝からお昼過ぎまでは救急車が立て続けに入ったり、緊急処置から入院があったりして慌しかったのだが、午後から夕方までの3時間くらいは比較的平和で、読みかけだった『八日目の蝉』をかなり読み進めることができた。
 夕方、家に帰って『ニコニコ動画』を観たり、iPod Touchをいじったりしていたら、あっという間に2時間ほど経ってしまう。ほんと、時間が無い無いと言いながら、こうして消費している時間がなんと長いことか!
 そろそろ夕食に出ようと思ったところで、病院からの呼び出しの電話。とりあえず覚悟はしているとはいえ、やはり、日直をようやく終えて「解放」された気分のところでの呼び出しは辛い。
 23時に仕事を終えて、夕食を摂ってから帰宅し、『スキヤキウエスタン・ジャンゴ』の続きを観た。前半はやや冗長で退屈な「豪華キャストの新春かくし芸大会」という印象だったのだが、後半はけっこうアクションにもメリハリがあって面白い。日本的な「情念」のエッセンスを加えたウエスタン、という感じなのだろうけど、残念なことに、僕は西部劇に全く興味がないので、元ネタがわからないんだよなあ。ただ、「悪いヤツらがキッチリと悪役を貫いている」というのは、最近の映画としてはかえって新鮮だった。あと、エンディングの歌がいきなり北島三郎だったのにも。
 夜中に呼ばれないことを祈りつつ、26時に就寝。

JUGEMテーマ:映画


2008.02.16 Saturday 23:50 | - | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2016.01.03 Sunday 23:50 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://touchoku.jugem.jp/trackback/1858
トラックバック
Profile
Archives
Links
RECOMMEND
Comment
  • 5分咲きのコスモス園の風景
    亜他 (03/25)
  • 今夜のフランスのやる気のなさは凄かった。
    Forest (06/24)
  • 「残される側」の3月31日
    (04/08)
  • 「残される側」の3月31日
    (04/02)
  • 「医師免許も博士号もあるが…」と「オーディン 強すぎる」
    Noko (01/21)
  • こういうときに「今日は行けません!」と言えない自分がイヤになる。
    まる (12/20)
  • 5分咲きのコスモス園の風景
    七氏 (10/15)
  • 『阿修羅展』の待ち時間に驚愕!
    YSKN (09/21)
  • 一生懸命やっているからこそ、すれ違ったり、相手の言葉が癇に障ることがあるのだ。
    無 (09/16)
  • どこまでが「事務所の責任」?
    ニュースウォッチャー (08/30)
Trackback



ブログパーツUL5