じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@JUGEM

とりあえずJUGEMに引っ越してみました。
中年内科医の特記事項のない日常を書いています。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 能力には自信がないが、体力には自信がある人 | main | 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を鑑賞 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.01.03 Sunday | - | - | -
さすが、「ネット世論に敏感な女」
 朝起きたら、目の前がゆらゆらと揺れていた。
 眼鏡に眼が慣れていないのかな、と最初は思ったのだが、どうも様子がおかしい。しばらく経っても揺れはおさまらず、上を向いたら増悪。
 ああ、これは頭位性のめまいだな、と自分で診断をつけたのだが、診断がついたからといって治るわけではないのも事実。起き上がると気分が悪くなり、トイレに駆け込む。
 寝転がるとかえってひどくなるので、起き上がってテレビの音だけ聴いていたのだが、眞鍋かをりさんが『とくダネ』で中川大臣の辞任について、「いままで良いこともたくさんしてきたかもしれないのに、あの酔っ払い会見の一件だけで辞任というのもかわいそうなんじゃないか」と発言していた。
 さすが、「ネット世論に敏感な女」眞鍋かをり。眞鍋さんって、絶対ネットから情報収集してるよなあ。僕はさすがに一国の大臣としてはあまりに軽率な行為だと思うし、そういうシチュエーションで自制できない人には向かない仕事だと考えるので、辞任やむなし派。「一度くらいの飲酒運転」が許されないのと同じこと。
 
 今日は外来日でもあり、お休みというわけにはいかないので(昔のマンガでは、主人公のお父さんはけっこう「二日酔い」で会社に電話して休んでいたのだよなあ……)、なんとか出勤し、薬を飲んで夜まで仕事。
 「脳梗塞なんじゃない?」などと周りに言われて心配になってはきたのだが、麻痺も口語障害もないので精査はせず。
 20時に帰宅し、夕食を摂って、さすがに今日は早めに就寝。

JUGEMテーマ:日記・一般


2009.02.19 Thursday 23:50 | - | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2016.01.03 Sunday 23:50 | - | - | -
コメント
BPPVだと安静はよろしくないそうで、
>本症では安静をとることはむしろ逆効果であり、たとえめまいがしても理学療法など積極的な頭位変換運動を行うべきです。

がんばった気合がよろしかったんじゃないでしょうか
匿名希望 | 2009.02.22 Sun 21:05
コメントする











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Profile
Archives
Links
RECOMMEND
Comment
  • 5分咲きのコスモス園の風景
    亜他 (03/25)
  • 今夜のフランスのやる気のなさは凄かった。
    Forest (06/24)
  • 「残される側」の3月31日
    (04/08)
  • 「残される側」の3月31日
    (04/02)
  • 「医師免許も博士号もあるが…」と「オーディン 強すぎる」
    Noko (01/21)
  • こういうときに「今日は行けません!」と言えない自分がイヤになる。
    まる (12/20)
  • 5分咲きのコスモス園の風景
    七氏 (10/15)
  • 『阿修羅展』の待ち時間に驚愕!
    YSKN (09/21)
  • 一生懸命やっているからこそ、すれ違ったり、相手の言葉が癇に障ることがあるのだ。
    無 (09/16)
  • どこまでが「事務所の責任」?
    ニュースウォッチャー (08/30)
Trackback



ブログパーツUL5