じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@JUGEM

とりあえずJUGEMに引っ越してみました。
中年内科医の特記事項のない日常を書いています。
05 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 「緊急地震速報」と「パリ同時テロ」 | main | 「ヨーロッパはテロリストを自給自足できる状態になっている」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.01.03 Sunday | - | - | -
一憂一喜のエリザベス女王杯
 当直明け。
 なんとか平和に逃げ切れそうだ、回診して帰ろう、と思った時間帯に救急車が来て、2時間残業。つらい。
 お昼前にようやく帰宅し、このままではエリザベス女王杯のスタートまでに寝てしまいそうなので、『ドラゴンクエスト8』の続き。
 もうけっこう終わりが見えてきたはずなのだが、犬が強くて停滞。
 2時間くらいしか寝ていないので、何度か寝落ちしたものの、シャワーを浴びて、ようやくエリザベス女王杯の時間に。
 このメンバーなら、ヌーヴォレコルトとラキシスで決まりだろ、他の馬とは格が違うよ、と思いつつも、馬連、枠連で勝負するのは不安で、この2頭のワイドをたくさん買うことにした。まあ、何か1頭くらい間に入っても、2頭とも3着までには来るんじゃないか。しかも、ワイドでも3倍くらいつくみたいだし。
 ワイドとはいえ、もう1点くらい買っておくか、ということで、ヌーヴォレコルトとマリアライトのワイドも買うつもりだった。マリアライトはマイナス10kgで、前走が休み明けのプラス12kgだったので、牝馬としては長距離適性が高く、陣営も「ここしかない」という勝負仕上げ。各種競馬情報番組でも穴馬として高評価。
 でも、『競馬BEAT』でパドックを見て、解説をきいていたら、どうしてもタッチングスピーチが良く見えてしまって。鈴木さんの「イチ押し」でもあったし、こういう力の要る馬場が、いかにも得意そうだし。マリアライトはキビキビと動いていたのだが、ちょっと気合いが入り過ぎているようにも見えたんだよなあ。430kgという馬体だと、このパワーが要りそうな馬場はキツいのではないか、という気がしたし、昨日ノンコノユメで重賞を勝ったルメールが、フランスのテロのことについて、あえて英語で言及していたのだよなあ(普段は日本語でインタビューにこたえているのだが)。
 ということで、当直中の予想を変更して、ヌーヴォレコルト軸で、ラキシスとタッチングスピーチへのワイド2点勝負。
 
 逃げ馬がちょっと後続を離し、これも怖いフーラブライドが前の好位につけ、中団前目のマリアライトが良い感じに見えた。
 有力馬は、ヌーヴォレコルト、ラキシス、タッチングスピーチ、ルージュバックと軒並み後方待機。この馬場で届くのか?
 最後の直線まで逃げ馬と後続がちょっと離れており、そんなにハイペースにも見えなかったので、まさかこれはあのクイーンスプマンテ、テイエムプリキュアの年の再現?
 しかし、直線半ばでマリアライトが前を捉えて一気に先頭へ。ヌーヴォレコルトも大外から足を伸ばしてきた。
 内で馬群にもまれてラキシスは為す術なし。タッチングスピーチもまだ後ろで、勝負圏外。
 うわあ、ハズレにしても、よりによって、ずっと買うつもりだったマリアライトか……俺は、バカだ……いろいろ見ずに買ってしまえばよかったのに……と絶望感におそわれた。
 こういう負け方は、「こりゃ予想不能だな」という結果よりも、キツイ……
 
 虚脱しながらゴール前のマリアライトとヌーヴォレコルトの競り合いを眺めていたら、最後の最後に、後ろから一気に馬群がなだれ込んできた。ん?なんか青い帽子が突っ込んできた?まさか、タッチングスピーチ?
 勝ち馬は、12番マリアライト。2着に18番ヌーヴォレコルト、そして3着に、凄い脚で差してきたタッチングスピーチ。
 それにしても、よくあの位置から届いたなタッチングスピーチ。残り200mの時点では「こりゃダメだ」という目を背けたくなるポジションで、結果を知っていてVTRを見直しても、信じ難いような脚を最後に使っている。
 まあ、枠連、馬連で買っていたら、ルメール、もうちょっとなんとかならなかったのか……って言いたくなりそう、でもあるが。
 2着3着という、ワイドで良かった、という的中となり、ああ、これぞまさに地獄に仏。
 的中を直前の心変わりで逃してしまった……という絶望からの奇跡の復活。
 まあ、マリアライトとヌーヴォレコルトのワイドを買ったほうが、プラスは少し多かったのではないかと思うけど、それは贅沢というものだろう。
 しかし、マリアライトは仕上げ、今日の馬場状態、展開、蝦名騎手の騎乗と、すべてにおいて完璧なレースだったな。
 勝つときというのは、こんなものなのかもしれないけれど。
 ヌーヴォレコルトも、ちょっと後ろすぎないかと思ったけれど、あんな脚が使える馬なんだな、と。アンカツさんが、レース後「この馬はなんというか勝ち運がない」というようなことを言っていたけれど、本当にそんな感じだ。何か一頭、前にいるのだよなあ。
 4着にルージュバック。今回は休み明けだし、この馬場状態だし、さすがに難しいだろうと予想したが、ここまで来るとは。
 やっぱりこの馬は強いんだな。ただ、後方待機がハマった、というのも、今日に関してはあるのかもしれない。

 しばらく『ドラゴンクエスト8』を続け、夕食を摂って帰ってきたところで眠気に耐えられなくなり、21時くらいに「ちょっとひと眠り」のつもりが朝まで。
 
2015.11.15 Sunday 23:50 | - | - | -
スポンサーサイト
2016.01.03 Sunday 23:50 | - | - | -
Profile
Archives
Links
RECOMMEND
Comment
  • 5分咲きのコスモス園の風景
    亜他 (03/25)
  • 今夜のフランスのやる気のなさは凄かった。
    Forest (06/24)
  • 「残される側」の3月31日
    (04/08)
  • 「残される側」の3月31日
    (04/02)
  • 「医師免許も博士号もあるが…」と「オーディン 強すぎる」
    Noko (01/21)
  • こういうときに「今日は行けません!」と言えない自分がイヤになる。
    まる (12/20)
  • 5分咲きのコスモス園の風景
    七氏 (10/15)
  • 『阿修羅展』の待ち時間に驚愕!
    YSKN (09/21)
  • 一生懸命やっているからこそ、すれ違ったり、相手の言葉が癇に障ることがあるのだ。
    無 (09/16)
  • どこまでが「事務所の責任」?
    ニュースウォッチャー (08/30)
Trackback



ブログパーツUL5