じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@JUGEM

とりあえずJUGEMに引っ越してみました。
中年内科医の特記事項のない日常を書いています。
11 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 『Qさま!!』で、村井美樹さんが初戴冠。よかった! | main | 『腰痛ウォッチ』と「隠遁を貫いた」原節子さん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.01.03 Sunday | - | - | -
『ロンドンハーツ』の「子供に大ウケ-1グランプリ」が面白かった。


 午前中病棟業務、午後から外来。
 例のごとく、受付終了時間ギリギリの患者さんで、すっかり遅くなってしまった。
 
 仕事帰りに、フジテレビ系の夕方のニュースを車のなかで聴いていたら、マクドナルドが撤退した空き店舗に、他のハンバーガーチェーンが入居している、という話題が。
 そのなかで、解説?の女性が「マクドナルドの最大の問題は、美味しくないことでしょうね。私はマクドナルドのハンバーガー、美味しいと思ったことないですもの。まずはそこから、美味しくないと」とコメントしていて驚いてしまった。
 伊藤アナが、「いやあ、僕は美味しいと思って利用してますけどね」と、なんとかフォローしようとしていたのだが、当のコメンテーターは、自分が地雷原を地雷を踏みまくりながら歩いていることに全く気づいていない様子。
 テレビ局にとって大広告主である『マクドナルド』を、マズい、とか正直に言ったらヤバいだろ……面白かったけど。
 そもそも、一視聴者が、番組のコメンテーターの致命的な失敗をあげつらって、大企業様に媚びる必要なんてないし。
 でも、あのコメンテーターの人、いつのまにかいなくなってるんじゃないかな……
 考えてみれば、テレビって、「スポンサー」が絡んでいると、「不味いものも不味いと言えない世界」なんだよね。
 忘れかけていたけれど、それをあらためて教えてくれた、あのコメンテーターに拍手。

 夜、『ロンドンハーツ』を観賞。
 中堅芸人たちが幼稚園児にどのくらいウケるかを競う、「子供に大ウケ-1グランプリ」。
 日頃、自分の子供やその同級生などと接していて、「子供が喜ぶツボ」みたいなものが大人とはズレていることを痛感していたので、実際にどの芸人がウケるのか興味津々。
 わかりやすさと動きの面白さ、最近の人気から、『テツandトモ』や『8.6秒バズーカ』あたりが優勝するのではないかと思っていたのだけれど、優勝は『流れ星』。動きの面白さとわかりやすさ+大人も笑えるナンセンス。
 AMEMIYA気合いでウケてたな。「絶え間なく起こる〜民族紛争〜」のところでも子供たち大ウケ。絶対意味わかってないと思うんだけれど、子供って、「意味はわからないはずなのにウケている」ってことがあるんだよね。基本的には、ワンフレーズの繰り返しみたいなのが好きなのかもしれない。
 『8.6秒バズーカ』も、「ラッスンゴレライ」は子供たちもノリノリだったのに、「ラッスン」以外はキョトンとしていたし。
 子供たち、後の順番の芸人の時間には、すでにじっとネタを観ていることそのものに飽きてきている感じもしたので、順番が最初だった『流れ星』には有利だったのかも。
 こうしてみると、子供たちの「笑いの好みの傾向」みたいなものが少しわかったような気がして、なかなか面白い企画だった。
 でも、本当に「微妙」だよね。ウケたからといって、あんまり繰り返していたら、すぐに飽きちゃうし、ちょっと難しいネタだとついてこないし。

 前田健太投手、メジャー挑戦希望を球団側との話し合いで伝えたとのこと。
 球団側は、「持ち帰って結論を出す」らしいのだが、まあ、マエケンがポスティングを希望するのはほぼ確実だったわけで、これを想定していなかったはずもない。
 現実的には、来年からポスティングのシステム変更が取りざたされているし、再来年になったら、海外へのFA移籍は球団側には何も見返りがないので、相手の評価も高い「今年」が「売り時」のはず。
 カープファンとしては、ジョンソンの残留が決まり、なんとか黒田、そしてマエケンが残ってくれれば、いまのセリーグのレベルなら、チャンスはありそうなんだけどなあ。
 ただ、マエケンのカープでの、そして日本でのモチベーションも、なんとなく失われてきているように見えるのだ。
 本当に投げること、勝つことに集中できていれば、登板した試合に絵とか描いてプレゼントしようとは思わないだろうから。
 まあ、おそらく球団側としては、すぐに「じゃあいいよ」と言うとファンの反発も予想されるので、世間の反応を確認してからポスティングへ、という腹づもりではなかろうか。
 それにしても、マエケンが抜けるというのに、ドラフト以外では新外国人外野手を獲得したくらいしか「補強」していないカープフロントの能天気さよ。
 マエケンクラスのピッチャーをどこかから連れてくるのは難しいだろうから、せめてリリーフ陣を強化するくらいの意欲があってもよさそうなものだが。

 24時に就寝。

 
2015.11.24 Tuesday 23:50 | - | - | -
スポンサーサイト
2016.01.03 Sunday 23:50 | - | - | -
Profile
Archives
Links
RECOMMEND
Comment
  • 5分咲きのコスモス園の風景
    亜他 (03/25)
  • 今夜のフランスのやる気のなさは凄かった。
    Forest (06/24)
  • 「残される側」の3月31日
    (04/08)
  • 「残される側」の3月31日
    (04/02)
  • 「医師免許も博士号もあるが…」と「オーディン 強すぎる」
    Noko (01/21)
  • こういうときに「今日は行けません!」と言えない自分がイヤになる。
    まる (12/20)
  • 5分咲きのコスモス園の風景
    七氏 (10/15)
  • 『阿修羅展』の待ち時間に驚愕!
    YSKN (09/21)
  • 一生懸命やっているからこそ、すれ違ったり、相手の言葉が癇に障ることがあるのだ。
    無 (09/16)
  • どこまでが「事務所の責任」?
    ニュースウォッチャー (08/30)
Trackback



ブログパーツUL5